野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

レ軍がダルビッシュに抱く期待と不安…「最高の投手の一人まで回復するか」

田中はヤンキースのエースも「2年間、けがで妨げられてきた」

 また、ヤンキースの項目では田中将大投手の名前も登場。「一貫し、健康なローテーションの維持」が抱負となっており、寸評の中で今季もエースとして期待される右腕について言及している。

「ヤンキースは2015年、ローテーションの維持に相当な問題を抱えていた。マサヒロ・タナカは2016年を始めるにあたってチームのエースのように考えられているが、メジャーでの2年間、けがで妨げられてきた」

 田中の怪我の不安についてこのように指摘。コンディションの維持が最大のポイントとなりそうだ。さらに、寸評ではアルコール依存症を公表した元エースの左腕CC・サバシアについても触れながら「ローテーション全体がおおむね健康であり続ける限り(それは2015年はルイス・セベリーノしかできなかったことだが)、ヤンキースは2016年、快調だろう」と分析している。

 また、ナ・リーグ西地区を3連覇中のドジャースについては「ローテーションの選別」が抱負となっている。広島からポスティングシステム(入札制度)で移籍した前田健太投手も鍵を握る存在となりそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」