野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

強烈タックルで負傷捕手、新ルール歓迎も新たな課題「野球が変わる」

捕手には「より技術が求められる」

「捕手にとっては野球が変わる。ブロックが出来なくなることで、これからアウトかセーフか際どい場面でも走者が突っ込んでくる。(三塁コーチも)どんどん回してくるでしょう。捕手には、より技術が求められると思います。春季キャンプで、しっかり練習しないといけない」

 捕手に求められる新たな技術とは――。今季から捕手一本でレギュラー奪取を目指す近藤はこう明かした。

「際どい場面では(捕手ミットを付けた)片手でボールを取りにいって、そのままタッチしないとならない。走路を開けないといけないので、タッチは“追いタッチ”。(審判には)セーフと見られやすくなる。当然、これまでの両手で取るクセもありますし、練習しないといけない」

 走者のタックル&捕手のブロック禁止で故障は少なくなるが、失点数が増えることが予想される。1点でも少なくする野球をするために、12球団の捕手陣は新ルールへの対応が求められている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」