野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ホークスなぜ強打者育つ? 松田宣浩が明かす王者の伝統「何も考えずに…」

ホークスに受け継がれる伝統とは

 ファームの選手は、本拠地の雁の巣球場でウェスタンリーグの試合を終えた後、ロングティーをこなす。2人でボールケース一箱を打ち終わるまで続けるという。強く振り、遠くに飛ばす力を徹底的に身に付ける。

「若いうちから頭でっかちになって考えるよりも、まずは何も考えずに振り続ける。打ち続ける、振り続ける、守備ならボールを追い続ける。数をこなすことは、プロ野球選手は難しいんです。でも、その大事さは(ソフトバンクに入団したことで)分かりますね。

 キャンプの時、僕たちはまずは結果よりも数をこなしたいという思いがあります。柳田も当然、それの代表格です。今宮も守備に関しては人一倍(ノックを)受けてます。そういう意味では、練習量は自然と結果に比例すると思います」

 ソフトバンクの強さを形成しているのは、他でもない「練習量」だと松田は明かす。そして、その姿勢は受け継がれていくものだという。「伝統」が根付いている。

「主力の選手が何をアドバイスしてくれるかというと、それはないんです。背中で引っ張るというか、実際に同じ施設で練習する機会がキャンプであったりするんですけど、そこで自分とのレベルの差を感じたりする。僕も、小久保さん、松中さんがバリバリの時に若かったので『すごい飛ばしてるな』『すごい練習しているな』というが目に入ってきた。今の若い選手も、柳田が飛ばしたり、僕が飛ばしたり、内川さんが飛ばすのを見ると、負けたくないと思うはずです。いい伝統だと思います」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」