日ハム栗山監督、ダルビッシュの巨大な肉体に驚く 「本当に大きくなった」

「オフの時の感じとかいろいろあるけど、自分の責任としてきっちりやる」

 昨季開幕前に右肘靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受け、5月頃の復帰を目指すダルビッシュ。日本ハム時代は金髪に染めていたが、現在は黒髪のままだ。栗山監督は復活にかける思いを感じたという。

「黒くなったというか…自分への責任というか…今すごくいい感じだと思う。オフの時の感じとかいろいろあるけど、自分の責任としてきっちりやるんだと」

 ダルビッシュの調整は順調で、3月にはブルペンでの投球練習を再開させる見込みと伝えられている。

「やっぱり去年故障から悔しい思いをしていると思う。(リハビリは)順調そうだし、久しぶりに見て元気そうだった。『楽しそうにやってます』って言ってくれたんで良かったです」

 球団OBで、日本球界を代表する剛腕の復活を待ち望んでいた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY