野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、名護で初ブルペン入りに大物ズラリ「真っすぐ良くなっている」

日ハム大谷、名護で初ブルペン入りに大物ズラリ「真っすぐ良くなっている」

日本ハムの大谷翔平投手が19日、沖縄・名護キャンプで初のブルペン入り。スライダー、カーブを交え、49球を投げた。

20160219_otani2

スライダー、カーブを交えて49球、「内外角としっかり投げられて良かった」

 日本ハムの大谷翔平投手が19日、沖縄・名護キャンプで初のブルペン入り。スライダー、カーブを交え、49球を投げた。

 ブルペンには栗山監督はもちろん、侍ジャパン・権藤博投手コーチ、鹿取義隆テクニカルディレクターや野球評論家の古田敦也氏ら大物がズラリ。投球練習後に、今後の実戦登板に向けて臨戦態勢に入ることを明かした。

――名護で初めてブルペンに入った。

「向こうより(周りで)見ている方が多かったですね。(乾燥したアリゾナでも)そこまでボールの滑りが大きく変わるとは感じていなかった。名護でも(アリゾナと感触は)変わらなかったですね」

――ブルペンで意識したことは。

「真っすぐを中心でいこうかなと思ってました。内外角としっかり投げられて良かったです。真っすぐは段階を追って良くなっている。これから先は対外試合が入ってくる。いろいろと感覚をつかめればいいです」

人気記事ランキング