野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハムドラ6横尾、開幕1軍へ猛アピール 自打球直撃後に“本拠地初打点”

日ハムドラ6横尾、開幕1軍へ猛アピール 自打球直撃後に“本拠地初打点”

日本ハムのドラフト6位ルーキー横尾俊建内野手が1日、開幕1軍へ猛アピールした。

20160301_yokoo

“本拠地初安打”に続き“本拠地初打点”、「結果を出してアピールできた」

 日本ハムのドラフト6位ルーキー横尾俊建内野手が1日、開幕1軍へ猛アピールした。

 巨人とのオープン戦(札幌ドーム)で「6番・DH」でスタメン出場。2回先頭の中前打で“本拠地初安打”をマークすると、4回2死二塁では田口の外角へ落ちるチェンジアップを中前へ打ち返すタイムリーを放った。

 直前には自打球が右太ももに直撃。栗山監督も心配して駆け寄ったが、その直後に“本拠地初打点”を挙げた。横尾は「追い込まれていたので、変化球を意識していました。とにかく結果を出してアピールできたのが何より良かったですね」とコメントした。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング