野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 開幕ローテ入りピンチ、日ハム斎藤佑「もっと真っすぐを投げておけば…」

開幕ローテ入りピンチ、日ハム斎藤佑「もっと真っすぐを投げておけば…」

日本ハムの斎藤佑樹投手が、開幕ローテーション入りへ厳しい立場に立たされている。

3戦7回11失点…開幕ローテへ厳しい立場

 日本ハムの斎藤佑樹投手が、開幕ローテーション入りへ厳しい立場に立たされている。

 1日の巨人とのオープン戦(札幌ドーム)で、4回から2番手として登板。4回2死一、二塁のピンチでは坂本を低めのフォークで空振り三振。なんとか踏ん張ったが、5回はギャレット、村田の連打などで1死一、三塁とされ、二塁・田中賢の失策の間に1点。岡本に左翼線適時二塁打を許すと、続く小林の三塁線へのライナーをレアードが後逸。2点タイムリーエラーとなった。

 米アリゾナキャンプ中の2月15日紅白戦以来の実戦マウンドは、味方の2失策が絡み2回5安打4失点(自責は1)。実戦3試合で計7回11失点と屈辱の数字が並ぶ。試合後は、失意の言葉を並べた。

――投球を振り返って。

「どうですかね……結果は見た通りです」

――2月の名護キャンプ中は「体が開かないように」とフォーム修正に専念してきた。

「打たれた部分もあったので、反省しないといけない。今日は配球と投げミスの問題だった」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中