野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人岡本、三塁の定位置奪取へ守備で課題露呈 オープン戦2個目の失策

巨人岡本、三塁の定位置奪取へ守備で課題露呈 オープン戦2個目の失策

巨人の岡本和真内野手が、三塁の定位置奪取へ課題を露呈した。

full-count11

正面への鋭い打球を後逸、ライバル村田は堅守が売り

 巨人の岡本和真内野手が、三塁の定位置奪取へ課題を露呈した。

 オリックスとのオープン戦(京セラドーム大阪)に「8番・三塁」でスタメン出場。7回1死一塁。若月のほぼ正面の鋭い打球を後逸。正面に入れば何でもない打球だったが、同一、二塁のピンチを招いた。

 3番手左腕・公文が粘って失点にはつながらなかったが、オープン戦7試合で2個目の失策。正三塁手のライバル・村田は13、14年にゴールデングラブ賞に輝いた堅守が売りだ。

 将来のクリーンアップ候補と期待される高卒2年目はキャンプ中から守備が課題とされていた。ベンチの高橋監督と井端内野守備走塁コーチは共に渋い表情だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング