野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

本拠のファンの前で勇姿 D平田が2点タイムリーで加点

侍ジャパン日本代表は5日、台湾代表と「日本通運presents 侍ジャパン強化試合」を行った。本拠地・ナゴヤドームの試合で「6番・ライト」でスタメン出場した平田良介外野手が2点リードの3回に2点タイムリーを放つ活躍を見せた。

本拠地で「6番・ライト」スタメン出場

 侍ジャパン日本代表は5日、台湾代表と「日本通運presents 侍ジャパン強化試合」を行った。本拠地・ナゴヤドームの試合で「6番・ライト」でスタメン出場した平田良介外野手が2点リードの3回に2点タイムリーを放つ活躍を見せた。

大きな期待背負う筒香嘉智 若き主砲が打順以上にこだわるモノ(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 名前がコールされると、スタンドが沸いた。満員のナゴヤドームのファンの視線はバッターボックスの平田へ注がれた。

 2アウトながらも中田翔(日本ハム)が四球を選び、筒香嘉智(DeNA)がライト線二塁打でチャンスを広げた。二、三塁から台湾先発の王溢正の外角へ落ちる球をうまく拾い上げ、センター前へ運んだ。2人の走者を迎え入れ、リードを4点に広げた。ファンの歓声に応えた。

 平田は昨年、台湾で行われたプレミア12でも勝負強さを発揮しており、侍ジャパンにとって頼もしい存在となってきた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中