野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ平沢、“本拠地初打席”で同点犠飛 守備でのミス取り返しOP戦初打点

ロッテ平沢、“本拠地初打席”で同点犠飛 守備でのミス取り返しOP戦初打点

ロッテのドラフト1位・平沢大河内野手が8日、本拠地・QVCマリンで上々のデビューだ。

3回に遊ゴロ失策から失点も…直後の攻撃で同点犠飛

 ロッテのドラフト1位・平沢大河内野手が8日、本拠地・QVCマリンで上々のデビューだ。

 日本ハムとのオープン戦で「9番・遊撃」でスタメン出場。まずは守備でミスを犯してしまう。3回1死走者なしで田中のゴロの処理に手間取り、失策で出塁を許すと、これが中田の先制適時二塁打に繋がった。

 しかし、期待のルーキーはすぐにミスを取り返す。1点を追う3回1死一、三塁。QVCマリン初打席で、フルカウントからバースの内角スライダーをバットに乗せ、同点の右犠飛とした。オープン戦は初打点だ。

 試合前まで、オープン戦は2試合で4打数無安打だった。高卒新人の躍動に、QVCマリンのロッテファンは大歓声でわいた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中