野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、最終回失策で痛恨引き分け 緒方監督も渋い表情

広島、最終回失策で痛恨引き分け 緒方監督も渋い表情

広島が8日、オリックス戦(京セラドーム大阪)で5-5と痛恨の引き分けに終わった。

20151030_ogata

8回再逆転に成功も…

 広島が8日、オリックス戦(京セラドーム大阪)で5-5と痛恨の引き分けに終わった。

 1点差の9回2死二塁、三塁・西川が小田の平凡なゴロを捕球したが、一塁へ悪送球。二塁走者・岩崎に同点のホームへ生還した。マウンドの中田は呆然。同点劇を演出した西川は口をあんぐりと開けたままだった。

 1点を追う8回、田中の三飛失、菊池の四球、オリックス4番手・赤間の牽制悪送球などで1死二、三塁とすると、3番・丸が左越えへ逆転2点打を放った。1点のリードを守りたいところだったが、あと1死のところで悪夢が待っていた。

 先発・野村が2点リードの4回に4連打で逆転されるなど5回7安打4失点。開幕へ不安を残したものの、チームは1点を追う8回1死のオリックスの三塁・鈴木昴の失策から再逆転していた。オープン戦は3勝2敗2分け。試合後、緒方監督も渋い表情のままベンチ裏へ下がった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング