野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神、5連打の猛攻で6回に4点奪取 昨季パ新人王のハム有原をめった打ち

阪神、5連打の猛攻で6回に4点奪取 昨季パ新人王のハム有原をめった打ち

阪神が13日の日本ハムとのオープン戦(甲子園)で、5連打4得点の猛攻を見せた。

20160212_阪神

前日は完封負けの猛虎打線が6回に爆発

 阪神が13日の日本ハムとのオープン戦(甲子園)で、5連打4得点の猛攻を見せた。

 猛虎打線が火を噴いたのは6回だ。先頭・梅野の中前打で出塁すると、続く俊介のゴロを遊撃・中島がトンネル。無死一、二塁から西岡は二ゴロ併殺打に倒れたが、ここから猛攻が始まった。2死三塁から北條の中前適時打で先制点を挙げると、続くヘイグは左前打でつないだ。

 一、二塁から、ゴメスが左翼線適時二塁打。福留は右中間2点二塁打を放った。続く横田は二塁内野安打で出塁。昨年のパ・リーグ新人王に輝いた有原をめった打ちにし、この回6安打で4点を奪った。

 前日は完封負けを喫した阪神打線。猛虎打線のお目覚めに、金本監督もどこか満足げだった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング