野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武が2軍戦をネット配信する理由

埼玉西武ライオンズは、2016年シーズンに西武プリンスドーム・西武第二球場で行われるイースタン・リーグ主催全試合をインターネット配信することになった。

20160316_pa

ファーム主催全試合の配信を決定

 埼玉西武ライオンズは、2016年シーズンに西武プリンスドーム・西武第二球場で行われるイースタン・リーグ主催全試合をインターネット配信することになった。

 映像を作ることを想像していなかったグラウンドの作りであったという西武第二球場に足を運んだが、ファーム主催試合を配信するに至るまで、多くの苦労があったことが想像できた。カメラスペースもなく、インフラ整備が整っていなかった中、今までの球団映像のノウハウを使って、やっと実現するまでに至った。決して一筋縄ではなかった球界初の試みに、なぜ埼玉西武が着手したのか、営業部マネージャー・メディア担当の増岡勝氏に話を伺った。

 3月13日の日曜日、西武プリンスドームには岸孝之投手が読売ジャイアンツを相手に投げる一戦を見ようと、多くの人がドームへ訪れていた。シーズン開幕を12日後に控えた一戦で、多くのファンが一軍選手の仕上がりに注目していただろう。それでもファンの中には、同時刻に隣の西武第二球場で行われる高橋光成投手と北海道日本ハムファイターズ・斎藤佑樹投手の投げ合いが気になっていた者も少なくなかっただろう。こういったニーズにも応えられるために、埼玉西武はファーム主催全試合を配信することを決めた。

 埼玉西武ライオンズがなぜファーム主催全試合を配信することになったのか。それは2007年に球団の基本姿勢を記し、制定した「西武ライオンズ憲章」でも記載されているように、まず初めにファンと共にという理念を掲げているからだろう。

人気記事ランキング