野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 楽天ドラ3ルーキー2打席連発、SB松坂初登板、広島4連勝…16日のOP戦

楽天ドラ3ルーキー2打席連発、SB松坂初登板、広島4連勝…16日のOP戦

プロ野球のオープン戦は16日、各地で6試合が行われた。

20160224_matsuzaka_atp

阪神ドラ1高山が猛打賞の活躍、巨人・内海は4回途中10安打8失点と炎上

 プロ野球のオープン戦は16日、各地で6試合が行われた。

◇西武 2-1 ソフトバンク(西武プリンス)

 ソフトバンクは松坂が1年ぶりの1軍登板に臨んだが、2回3安打1失点で降板。初回は2安打を浴びながら無失点で切り抜けたが、2回先頭の坂田に先制のソロ弾を浴びた。4回に柳田のタイムリーで追いついたが、その裏に2番手の岩崎が2死満塁から押し出しで失点。これが決勝点となった。ソフトバンクはOP戦2連敗。西武は先発の郭俊麟が2回を1安打無失点と好投した。

◇日本ハム 1-3 広島(鎌ケ谷)

 広島がOP戦4連勝を飾った。1点を追う2回に新井が2試合連発となるOP戦2号ソロ。4回は敵失などでつかんだ1死満塁の好機で、下水流が勝ち越しの中犠飛を放った。続く5回も押し出し四球で加点。先発のドラ2位・横山も6回4安打1失点と力投。江草、ヘーゲンズ、中崎と無失点に抑えた。日本ハムは先発の吉川が3回2/3で5奪三振、2安打2失点(自責1)。OP戦3連敗で最近4試合は3得点と貧打が目立っている。

◇ロッテ 3-3 阪神(QVCマリン)

 阪神は先発の藤浪が3回まで無失点で抑えたものの、4回に制球を乱して失点するなど6回途中を6安打6四死球、3失点(自責2)。それでもその後、鶴、福原、高橋、マテオと無失点で抑えた。ドラ1高山がプロ初の猛打賞の活躍。3年目の横田も3安打1打点と結果を残した。ロッテも先発の古谷が6回途中を8安打2四球で3失点を喫したが、阿部、益田、大谷、内と無失点に封じた。

◇ヤクルト 8-10 巨人(神宮)

 巨人は先発の内海が4回途中を10安打8失点(自責7)と炎上。それでも1軍に合流した阿部が2回に新垣からライトへ2ラン。3回にも坂本がOP戦1号3ランを放つなど反撃し、競り勝った。5回からマウンドに上がった3番手の今村が4回を1安打無失点に抑え、勝利投手に。ヤクルトは先発の新垣が4回5安打6失点(自責5)。川端が3回にOP戦1号をマークした。

◇中日 3-1 DeNA(ナゴヤドーム)

 中日は先発の若松が7回8安打1失点と力投。又吉、田島も1回を無失点に抑えた。打線もDeNAドラ1今永から7安打で3点を奪い、OP戦初の連勝をマーク。DeNAは松本が3安打とアピールした。

◇オリックス 4-6 楽天(京セラドーム大阪)

 楽天はドラ3茂木が2打席連発を含む3安打3打点と活躍。新助っ人のゴームズも2回に3号ソロを放った。先発の辛島は6回途中を5安打4四球2失点。一方、オリックスは先発の近藤一が5回を投げ、ソロ本塁打3発を被弾するなど5安打4失点。打線ではブランコが2回にOP戦2号3ランをマーク。中島も3安打を放った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング