野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神・横田3安打&打率トップ、中日・平田2号ソロ…18日のOP戦

阪神・横田3安打&打率トップ、中日・平田2号ソロ…18日のOP戦

プロ野球のオープン戦は18日、中日-阪神の1試合が行われた。

20160318_hirata

阪神ドラ1高山もタイムリー

 プロ野球のオープン戦は18日、中日-阪神の1試合が行われた。

◇中日 4-6 阪神(ナゴヤドーム)

 阪神は初回、ここまでOP戦打率4割を誇る高卒3年目の横田が無死一塁の場面で中日先発の浜田達からライトへ二塁打。二、三塁とすると鳥谷の犠飛、福留の適時打で2点を先制した。中日も阪神先発の秋山を攻め、2回に平田の2号ソロ、杉山のタイムリー二塁打で同点に。3回にも4本のヒットで2点を奪い、逆転に成功する。

 しかし阪神は6回1死一、三塁からドラフト1位ルーキー高山がセンターへ適時打を放つなど2点を奪って追いつくと、9回には狩野の適時打、横田の犠飛で2点を勝ち越した。横田はこの日「2番・センター」の出場で猛打賞の活躍。打率.432に伸ばし、OP戦首位打者に浮上した。阪神先発の秋山は4回8安打4失点。一方、中日先発の浜田達は3回4安打2失点だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング