野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 岩隈久志、レンジャーズ戦で5回6安打2失点 今季初登板は勝敗つかず

岩隈久志、レンジャーズ戦で5回6安打2失点 今季初登板は勝敗つかず

マリナーズの岩隈久志投手が5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦で今季初の先発登板に臨み、5回2失点で降板した。序盤にリードを受けながら、4回に2失点。2-2の同点で降板し、勝敗はつかなかった。

序盤に援護受けるもリード守り切れず

 マリナーズの岩隈久志投手が5日(日本時間6日)、敵地レンジャーズ戦で今季初の先発登板に臨み、5回2失点で降板した。序盤にリードを受けながら、4回に2失点。2-2の同点で降板し、勝敗はつかなかった。

 注目の今季初登板。岩隈は初回、1死から秋信守に死球、フィルダーに四球を与えたものの、後続断って無失点に抑える。直後の2回、マリナーズはアイアネッタが相手先発のペレスから中前適時打を放って先制。なお1死一、二塁のチャンスで、今季スタメンとなった8番・李大浩が打席に立つも二塁併殺で好機を逸した。

 岩隈は3回、先頭のチリノスにレフト線を破られ、無死二塁のピンチを迎えたが、デシールズを見逃し三振、秋信守をサードゴロ、フィルダーをセンターフライに打ち取って難を逃れる。すると、マリナーズはその裏、クルーズがレフトへ1号ソロを放ちリードを2点に広げた。

 しかし岩隈はリードを守り切れない。1死一、二塁からアンドラスに右前打を浴びて失点すると、その後、一、三塁からチリノスにレフト前にタイムリー浴びて同点とされる。5回も得点圏に走者を出したが、何とか切り抜けてマウンドを降りた。この日は90球を投げて6安打5奪三振4四死球で2失点だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中