野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人・菅野が無四球で今季初完封、村田が決勝打 快勝で阪神戦第2R制す

巨人・菅野が無四球で今季初完封、村田が決勝打 快勝で阪神戦第2R制す

「伝統の一戦」第2ラウンドが6日、東京ドームで行われ、菅野智之投手の快投で巨人が制した。今季3試合目の登板となったエースは、9回6安打無失点8奪三振無四球で今季初完封。打線は村田の先制打、立岡のタイムリーなどで3点を奪った。

6安打8奪三振、レギュラーシーズンは東京ドーム初完封

「伝統の一戦」第2ラウンドが6日、東京ドームで行われ、菅野智之投手の快投で巨人が制した。今季3試合目の登板となったエースは、9回6安打無失点8奪三振無四球で今季初完封。打線は村田の先制打、立岡のタイムリーなどで3点を奪った。前日は阪神が苦手ポレダを攻略して快勝したが、第2戦は巨人が3-0で勝利した。

 菅野は初回、2死からヘイグに右前打を許したが、福留をセカンドライナーに打ち取り無失点。2回も2死から連打を浴びたものの、岩田を二ゴロに仕留めた。3回も2安打で1死一、二塁とされながら、福留を中飛、ゴメスを投ゴロで無失点。4回はこの試合初めての3者凡退に抑えた。

 すると、4回に打線が援護する。2死一、三塁の好機で、村田が阪神先発・岩田の直球をライト前に運んで、三塁走者の坂本が生還。先制に成功した。

 さらに、5回には菅野がセンター前ヒットで出塁。続く長野のライトへのツーベースでは、三塁まで激走。立岡のセンター前へのタイムリーで生還した。巨人はさらに1死満塁のチャンスでクルーズのニゴロの間に1点を追加。3-0とリードを広げた。

 菅野は7回、先頭の鳥谷を一塁内野安打で出すも、西岡は中飛。続く梅野の打球は猛チャージしたレフト中井の前にポトリと落ちたが、すぐに二塁に送り鳥谷がアウト。レフトゴロで2死とすると、最後は代打荒木を外角への150キロ直球で空振り三振に仕留めた。

 8回は2球で2アウトを奪うと、ヘイグはフルカウントから147キロの直球で空振り三振。菅野は101球で9回も続投し、無失点に抑えてレギュラーシーズンでは本拠地東京ドームで初完封。快投で2勝目を挙げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中