野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 前田健太、デビュー戦でメジャー初勝利 投打で魅了、「マエケン劇場」に

前田健太、デビュー戦でメジャー初勝利 投打で魅了、「マエケン劇場」に

ドジャースの前田健太投手が6日(日本時間7日)、敵地ペトコパークでのパドレス戦でメジャーデビューを果たし、初勝利を掴んだ。

20160407_maeda

6回5安打無失点の快投に初本塁打、チームも快勝で最高のデビュー戦に

 ドジャースの前田健太投手が6日(日本時間7日)、敵地ペトコパークでのパドレス戦でメジャーデビューを果たし、初勝利を掴んだ。6回5安打無失点4奪三振無四球と快投。開幕から27イニング連続無失点の球団新記録樹立に貢献しただけでなく、4回にはメジャー初本塁打を放ち、初陣は「マエケン劇場」となった。ドジャースは7-0で開幕3連勝を飾った。

 これでドジャースは開幕から24イニング連続無失点の球団新記録を樹立。球数が84球に達した前田はここで降板した。ドジャースは8回にプイグの一発も飛び出すなど、7-0で快勝し、開幕からの連続無失点も27イニングまで伸びた。

 2回は1死からソラルテの三塁方向へのセーフティーバントを自ら処理。しかし、一塁へ悪送球となり、ボールがスタンドへ入っため、バッターランナーは二塁へ。初安打と失策で1死二塁とピンチを招いたが、ノリスはスライダーで三ゴロ、ラミレスは直球で二ゴロに打ち取った。

 3回は3者凡退の好投。すると、その直後の攻撃でバットで魅せた。

 4回、前田は1死走者なしで2ストライクからキャッシュナーのスライダーをレフトスタンドへ運んだ。広島時代から打撃にも定評のある右腕が衝撃の一発。開幕3試合目のドジャースにとってはこれがチームの今季1号となった。

 その裏、前田は1死からケンプ、マイヤーズに連打を許して一、三塁とされるも、ソラルテは一ゴロ。続くノリスも92マイル(約148キロ)の直球で一ゴロに仕留め、雄叫びを上げた。

 5回は再び3者凡退。しかし、6回は先頭ジェイに中前打、ケンプにも中前打を打たれるなど、1死一、三塁とされた。ここでマイヤーズは投ゴロ。ゴンザレスが本塁へ送球し、クロスプレーでアウトと判定された。パドレスはチャレンジしたが、判定は覆らず。前田は続くソラルテをチェンジアップで空振り三振に仕留め、ピンチを切り抜けた。

 これでドジャースは開幕から24イニング連続無失点の球団新記録を樹立。球数が84球に達した前田はここで降板した。ドジャースは8回にプイグの一発も飛び出し、6-0で快勝し、開幕からの連続無失点も27イニングまで伸びた。

 前田は6回5安打無失点4奪三振無四球の快投で、メジャーデビュー戦で見事に初勝利。84球でストライクは57球。日本で圧倒的な成績を残して海を渡った右腕が、念願のメジャーの舞台で投球だけでなく打撃でも圧倒的な存在感を見せ、最高のデビューを飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング