野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • プロ初登板初勝利の広島ドラ2ルーキー、デビュー戦の反省胸に阪神戦先発へ

プロ初登板初勝利の広島ドラ2ルーキー、デビュー戦の反省胸に阪神戦先発へ

広島の横山弘樹が、8日に甲子園で行なわれる阪神戦に先発する。3月30日の中日戦でプロ初登板、初先発で勝利投手となったドラフト2位ルーキーが、上位進出のかかる大事な3連戦の初戦を任された。

20160408_yokoyama

重要な3連戦初戦を任された横山、阪神は「すごいバッターもたくさんいる」

 広島の横山弘樹が、8日に甲子園で行なわれる阪神戦に先発する。3月30日の中日戦でプロ初登板、初先発で勝利投手となったドラフト2位ルーキーが、上位進出のかかる大事な3連戦の初戦を任された。

 チームが昨季1勝10敗と苦手にしていたナゴヤドームでの初登板では、8回途中まで3失点の好投でプロ初勝利をマークした。試合後は、知人などから約150通のメールが届いたが、「試合が終わればまた次の試合。これは社会人時代から変わらない。喜びよりも次に向けての反省の方が大きかった」と、すぐに気持ちを切り替えた。

 反省点は、イニングの途中で降板したことだった。7回までは1失点に抑え、打線の援護で大量リードの状況だったが、8回に3安打を集中されて2失点。なんとか2死までいったが、最後は杉山を歩かせて降板となった。「あそこでもうひと踏ん張りできればよかった。終盤の山場を乗り越えられるように、しっかり反省した」と次戦の課題にした。

 相手の阪神は、現在1ゲーム差の2位。ヤクルトに連勝して貯金1となったチームが、上位進出を狙う3連戦となる。横山は「(阪神は)開幕から勢いがあるし、すごいバッターもたくさんいる。ひとりひとりを丁寧に抑えていければいいと思う」と対策を話した。

 同じルーキーで、開幕から1番に定着している高山については「調子がいいのは知っているし、警戒するバッターなのは間違いない。ただ、特別に意識はしていません」と平常心を強調した。アマチュア時代には縁がなく、初の舞台となる甲子園についても「全く意識はしていないし、特別な思い入れもないです。ただ阪神の本拠地、という感じです」と気にとめる様子はなかった。

「常に冷静な目で相手を見られるようにしたい」という24歳のルーキーは、チームにとって大きな力になりつつある。

【了】

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

人気記事ランキング