野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、怒涛の5連打で再逆転 甲子園での先発初勝利目指した阪神藤川をKO

広島、怒涛の5連打で再逆転 甲子園での先発初勝利目指した阪神藤川をKO

広島が10日の阪神戦(甲子園)で5回に猛攻を見せ、再逆転に成功した。

20160319_阪神

丸、ルナ、エルドレッドが3連続タイムリー

 広島が10日の阪神戦(甲子園)で5回に猛攻を見せ、再逆転に成功した。

 2点リードの3回に先発・福井が4点を奪われ、逆転を許す苦しい展開。しかし、打線が5回に爆発した。相手先発・藤川から田中、菊池の連打で1死一、三塁とすると、丸がライト前に運ぶタイムリーを放ち1点差。ルナもレフトへのタイムリーで同点に追いついた。

 なおも1死一、二塁の打席で好調のエルドレッドが打席へ。暴投で二、三塁となると、主砲はフルカウントから直球を右中間に運んだ。タイムリーツーベースで2者が生還。5連打、3者連続タイムリーで6-4と勝ち越しに成功した。

 先発としての甲子園プロ初勝利を目指していた藤川をノックアウト。2番手・高橋の前に新井は三振に倒れたが、鈴木誠はライト線へのタイムリー二塁打を放ち、この回5点目を奪取。リードを3点に広げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング