野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ二木がプロ初勝利を初完投で飾る 井口2点打などで快勝、首位浮上

ロッテ二木がプロ初勝利を初完投で飾る 井口2点打などで快勝、首位浮上

ロッテは敵地で楽天を7-1で破り、首位に浮上した。先発の高卒3年目右腕・二木康太投手が9回8安打1失点6奪三振1四球の快投でプロ初勝利初完投。

千葉ロッテ

高卒3年目右腕がプロ4試合目の登板で初勝利

 ロッテは敵地で楽天を7-1で破り、首位に浮上した。先発の高卒3年目右腕・二木康太投手が9回8安打1失点6奪三振1四球の快投でプロ初勝利初完投。打っては井口が2点二塁打、好調・細谷がタイムリーを放つなど着実に加点し、快勝した。

 ロッテは2回、鈴木の犠飛で楽天先発・辛島から1点を先制。今季3試合目の先発、プロ4試合目の登板となった二木は、初回は1安打1死球も無失点。2回は3者凡退、3回は1死から嶋にセンター前ヒットを許すも無失点と好投を続ける。

 4、5回も2死からヒットで走者を出しながら無失点。すると6回、ロッテは1死一、二塁と好機を作り、井口がレフト線へのタイムリーツーベースを放ち、貴重な追加点を奪った。

 さらに、7回は楽天の2番手・古川を攻め、1死二塁で細谷がライトへのタイムリーを放ち5点目。その後、角中の押し出し四球で1点を追加すると、2死満塁で鈴木がセンター前にタイムリーを運び、7-0と試合を決めた。

 二木は8回も1安打を浴びながら無失点。9回は2安打で1死一、三塁とされ、茂木に犠飛を浴びて1失点。惜しくも完封こそならなかったものの、プロ初勝利を初完投で飾った。ロッテは“首位決戦”の第1ラウンドを制し、首位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング