野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神藤浪が激走でプロ初三塁打 高山犠飛で自らの投球助ける4点目の生還

阪神藤浪が激走でプロ初三塁打 高山犠飛で自らの投球助ける4点目の生還

阪神の藤浪晋太郎投手がプロ初の三塁打を放ち、チーム4点目のホームを踏んだ。

20160212_阪神

DeNA久保から右中間へ鋭い打球で一気に三塁到達

 阪神の藤浪晋太郎投手がプロ初の三塁打を放ち、チーム4点目のホームを踏んだ。

 12日の本拠地DeNA戦に先発。初回に1点を失ったものの、打線がその裏にゴメス、西岡のタイムリーで3点を奪い、逆転に成功した。

 そして、5回に自らのバットで追加点を生み出す。先頭で打席に立つと、久保の外角高めへのストレートを右中間へ運ぶ。鋭い当たりにDeNA桑原が飛び込むも届かず、打球は転々。藤浪は激走し、プロ初の三塁打とした。続く高山がきっちりセンターへ打ち上げて犠飛。大きな4点目が入った。

 ピッチングも2回以降は立ち直り、5回まで4イニング連続3者凡退と快投を続けている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング