野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム中田、次女誕生を祝う4打点 17日も4番の仕事で「翔平に勝たせたい」

日ハム中田、次女誕生を祝う4打点 17日も4番の仕事で「翔平に勝たせたい」

日本ハムの中田翔内野手が16日、今季最多4打点で次女の誕生を自ら祝った。

20160308_nakata

出産に立ち会い「寝ずに」球場入りも、4番の仕事で今季最多4打点

 日本ハムの中田翔内野手が16日、今季最多4打点で次女の誕生を自ら祝った。

「打点」にこだわる4番らしい打撃だった。3点リードの2回2死一、二塁では、大嶺の真ん中直球をコンパクトなスイングで中前適時打。8回2死満塁では香月の高め直球を捉え、右中間3点二塁打とした。

「(2回は)コンパクトなスイングを心がけたので、しっかり反応できた。しっかり冷静に捉えられたと思います。点差はいくらあってもいい。少しでも投手に楽に投げられるように、と思って打席に立ちました」

 特別な思いがあった。この日未明に第2子となる次女が誕生。前夜の試合後に札幌市内の病院へ向かい、出産に立ち会っていたという。

「今日は付き添っていたので、寝ずに球場に来ました。1人目と一緒で、すごくうれしかった。その言葉しかないです。母子ともに健康で無事で…。絶対にヒーローになってやろうと思っていた。いつも頑張っているんですけど、今日に限ってはいつもと違う気持ちがありました」

人気記事ランキング