野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 上原浩治
  • セットアッパーで存在感増す上原浩治 WS史上初の快挙を彷彿させる“一投”も

セットアッパーで存在感増す上原浩治 WS史上初の快挙を彷彿させる“一投”も

レッドソックスが4-2で勝利した一戦の中、地元テレビ局が注目したのは上原の隠れたファインプレー。2013年の世界一に守護神として貢献した右腕は当時、ワールドシリーズ(WS)史上初のワンプレーで劇的勝利を呼びこんだが、これを彷彿させる“一投”があった。

7試合連続無失点で5ホールド目、地元メディアは隠れたファインプレーにも注目

 レッドソックスの上原浩治投手は16日(日本時間17日)、本拠地ブルージェイズ戦で4-2とリードして迎えた8回に登板した。先頭打者にはバントヒットで出塁を許すも、後続をダブルプレーなどで打ち取り、1イニングをわずか10球で抑える好投。7試合連続無失点で5ホールド目をマークした。

 レッドソックスが4-2で勝利した一戦の中、地元テレビ局が注目したのは上原の隠れたファインプレー。2013年の世界一に守護神として貢献した右腕は当時、ワールドシリーズ(WS)史上初のワンプレーで劇的勝利を呼びこんだが、これを彷彿させる“一投”があった。

 先発エース、プライスからマウンドを引き継ぎ、8回から登場した上原。しかし、先頭打者のカレーラに三塁線への巧みなセーフティバントを決められ、出塁を許した。

 カレーラは2013年、インディアンズ傘下3Aコロンバスで105試合出場で43盗塁を記録した俊足の持ち主。しかし、続くピラーへの2球目を投じる前、上原は矢のような牽制球を一塁に投げた。慌ててスライディングで戻ったカレーラはギリギリでセーフ。地元テレビ局「ニューイングランド・スポーツネット」の解説者は「ウー」とため息をついた。

 カレーラに盗塁を許さなかった上原は、ピラーを遊ゴロに打ち取り、ダブルプレーでチャンスを作らせなかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中