野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 早くも独走気配も? 本領発揮の王者ホークス、強さ支える日替わりヒーロー

早くも独走気配も? 本領発揮の王者ホークス、強さ支える日替わりヒーロー

ソフトバンクが20日のロッテ戦に勝利し、8連勝で首位の座をがっちりキープ。最後に敗戦した4月7日、4位だったチームは一気に“3人抜き”。

際立つ選手層の厚さ、連勝で一気に首位浮上

 ソフトバンクが20日のロッテ戦に勝利し、8連勝で首位の座をがっちりキープ。最後に敗戦した4月7日、4位だったチームは一気に“3人抜き”。2年連続日本一の常勝軍団が、本領を発揮しはじめた。

 この日のヒーローは和田。9回6安打無失点で今季2勝目を、日本球界復帰後初完封で飾った。3回二死満塁から角中を渾身の直球で空振り三振。「全力で行きました」とピンチを切り抜けると、その後はテンポよくアウトを重ねた。マウンドでは時折笑顔ものぞかせるなど、投球を楽しんでいるようだった。初勝利から2連勝。「前回は6回で降りてしまったので、最後までいけてよかった。斐紹のリードどおり投げたら完封できました」と、ヒーローインタビューで女房役を立てながら喜んだ。

 和田の好投の裏に、打線の集中力もあった。相手先発、二木の前に5回までパーフェクトに抑えられていたが、6回、先頭の長谷川が中前打で出塁すると、犠打と四球で1死一、二塁。好調の福田が右翼へ2点適時三塁打。さらに今宮が左犠飛を放ってこの回3得点。タイムリー以外にもそれぞれがつなぐ役割を果たし、得点劇が生まれた。

 4月9日のオリックス戦(鹿児島)から勝ち出したチーム。3番・柳田、4番・内川、5番・松田のクリーンアップに加え6番の中村、先頭打者として急成長中の1番・福田。それぞれ3割前後の打率を記録し、抜け目のない打線が今年もどっしりと軸を作った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中