野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム・バース、メヒアへ“失投”悔やむも来日初勝利 栗山監督300勝

日ハム・バース、メヒアへ“失投”悔やむも来日初勝利 栗山監督300勝

日本ハムのアンソニー・バース投手が21日の西武戦(札幌ドーム)で先発。来日初勝利を挙げた。

7回途中を3失点

 日本ハムのアンソニー・バース投手が21日の西武戦(札幌ドーム)で先発。来日初勝利を挙げた。

 初回は3者凡退に抑える上々の立ち上がり。2点リードの4回1死一塁からメヒアに同点2ランを浴びた。6回は栗山の左前安打、代打・外崎の送りバントなどで1死一、二塁のピンチを招いたものの、坂田を遊飛、炭谷を空振り三振に仕留めた。

 6回1/3で92球、2奪三振4四死球、4安打3失点。バースは「メヒアへの失投(抜けたスライダー)が悔やまれますが、その後を粘ることが出来た。最低限の仕事は出来たと思います。チームも逆転してくれて、本当に感謝しています。あとは後ろを信じて、しっかり応援したいと思います」とコメントした。4-3と競り勝った日本ハムは栗山監督が通算300勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中