野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志、当日昼に要請受け“緊急登板” 快投に監督絶賛「言い尽くせない」

岩隈久志、当日昼に要請受け“緊急登板” 快投に監督絶賛「言い尽くせない」

好投報われなかった日本人右腕だが、スコット・サーバイス監督は「凄い」と評価。MLB公式サイトも「キングの代わりにクマがフェリックスの代役として宝石のようなピッチング」と絶賛している。

20160311_iwakuma

ヘルナンデスの体調不良で前倒し登板もHQS、地元メディアは「宝石のような投球」

 マリナーズの岩隈久志投手は22日(日本時間23日)、敵地エンゼルス戦で“緊急登板”ながら8回6安打2失点3奪三振1四球と好投。しかし、今季初勝利はならなかった。ハイクオリティースタート(HQS、7回以上を自責2以下)を達成したものの、今季4戦目でも1勝目を掴めず。好投報われなかった日本人右腕だが、スコット・サーバイス監督は「凄い」と評価。MLB公式サイトも「キングの代わりにクマがフェリックスの代役として宝石のようなピッチング」と絶賛している。

 寝耳に水の出番だった。岩隈はこの日、体調不良を訴えた「キング」ことヘルナンデスに代わって、1日前倒しで“緊急登板”。特集では、「金曜日の朝にヒサシ・イワクマが起きた時には午後のエンゼルス戦に先発することになるとは想像もしなかった。フェリックス・ヘルナンデスの登板日だった。キングは登板日に休んだことはなかった」とレポートしている。

 岩隈の携帯にサーバイス監督からの着信が入ったという。先発ローテーションの1番手ヘルナンデスが風邪でダウンしていた。そして、岩隈は緊急登板の要請を受け入れた。記事によると、右腕は試合後に通訳のアントニー鈴木氏を介して「正直、最初に聞いた時には少し驚きました。でも、先発して彼の役割を果たすことができました」と語っている。

人気記事ランキング