野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 田澤、上原が快投で6ホールド目 Rソックスは守護神が被弾も延長12回勝利

田澤、上原が快投で6ホールド目 Rソックスは守護神が被弾も延長12回勝利

レッドソックスの上原浩治投手、田澤純一投手は24日(日本時間25日)、敵地でのアストロズ戦に登板。

full-count18

田澤はピンチで見事な火消し、上原も3者凡退の快投

 レッドソックスの上原浩治投手、田澤純一投手は24日(日本時間25日)、敵地でのアストロズ戦に登板。田澤が1回2/3を1安打無失点2奪三振、上原は1回無安打2奪三振と快投した。しかし、9回に守護神キンブレルが同点2ランを浴びて同点に。それでも、レッドソックスは延長12回に勝ち越して、7-5で熱戦を制した。
 
 田澤は2点リードの6回、2番手バーンズが1死一、二塁とピンチを背負った場面で登板。まずはアルテューべを2球目のスライダーで二ゴロに仕留めた。なおも2死二、三塁のピンチだったが、スプリンガーもスライダーで右飛。好打者2人を打ち取り、ピンチを切り抜けた。

 7回も続投すると、先頭のコレアにカーブをセンター前に運ばれたものの、ラスマスは左飛、ホワイト、ゴメスは連続空振り三振と後続を完璧に抑え、無失点で上原に繋いだ。

 18日(同19日)ブルージェイズ戦で1/3回を4失点に終わり、休養のため登板機会のなかった上原は、8回に6日ぶりのマウンドへ。ガッティスを遊飛に打ち取ると、ゴンザレスはスプリットで空振り三振。最後はタッカーもスプリットで空振り三振に仕留め、3者凡退の完璧なピッチングで無失点に抑えた。

 9回は守護神キンブレルが登板。レッドソックスが「勝利の方程式」で勝利するかも思われたが、2死からコレアに二塁打を打たれると、続くラスマスに左中間への同点2ランを浴び、試合は振り出しに戻った。

 それでも、レッドソックスは延長12回にブラッドリーJrが決勝打を放ち、6-5で勝利。熱戦をモノにした。

 田澤は25球を投げてストライクは20球で、防御率1.04。上原は14球を投げてストライクは11球で、防御率4.32。田澤、上原には、ともに6ホールド目がついた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング