野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督明かす スタメン落ち危機だった大谷をDH起用した理由は?

日ハム栗山監督明かす スタメン落ち危機だった大谷をDH起用した理由は?

日本ハムの栗山英樹監督が、26日の楽天戦(札幌ドーム)で大谷翔平投手をスタメン起用した理由を明かした。

先発登板した24日のSB戦はマメの悪化で降板していた大谷

 日本ハムの栗山英樹監督が、26日の楽天戦(札幌ドーム)で大谷翔平投手をスタメン起用した理由を明かした。

 大谷は24日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)での投球中に右手中指のマメを悪化。さらに、左足首捻挫でDH出場が続いていた陽岱鋼が守備に就くことが微妙で、大谷はスタメン落ちの危機だった。

 それでも、この日は陽岱鋼を先発メンバーから外し、大谷を「7番・DH」で起用した栗山監督。試合後に意図を明かした。

「スンナリは決められなかった。かなりコーチとも相談した。何を重視したかというと、(陽)岱鋼が早く守るためにはどうしたらいいかを考えた。(大谷)翔平を使う、使わないは関係なく、全ては岱鋼のため。そうした方が(チームとしても)前に進めるというのが大きかった」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中