野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・野村が5年目でプロ初完封 連夜の快勝でカープファン熱狂

広島・野村が5年目でプロ初完封 連夜の快勝でカープファン熱狂

広島の野村祐輔投手が、27日のヤクルト戦(神宮)でプロ5年目でうれしいプロ初完封勝利を飾った。

打線の援護もあり好投、「勇気を持って、マウンドに立つことができた」

 広島の野村祐輔投手が、27日のヤクルト戦(神宮)でプロ5年目でうれしいプロ初完封勝利を飾った。

 味方の大量リードと好守備に援護され、野村が快投を見せた。明大時代のかつての庭で、ヤクルト打線を封じ込んでいった。初回から直球とスローカーブを織り交ぜる投球。「ストレートがよかったと思います。僕は打たせて取るタイプ。(捕手の)石原さんのリードの通りに投げられたと思います」と凡打の山を築いた。

 前夜、新井の2000安打を祝うように11得点で快勝したカープ。打線は勢いそのままだった。ヤクルト先発の山中から初回、菊池の3号2ランで先制。4回には鈴木が2試合連続の本塁打となる2ラン。石原にもタイムリーが出た。1番・田中も続き、今季1号2ランで7-0。4回に一挙、5点を取り、野村を楽にした。

 野村はその裏、1番坂口、2番川端のヒットでノーアウト一、二塁というピンチを迎えたが、山田を一邪飛、バレンティンをショート併殺に仕留め、無失点。6回裏は2アウト二,三塁のピンチで山田を迎え、打球は左翼へ抜けそうな痛烈なライナーだったが、ショート田中がファインプレーを見せた。

「初回から味方が点を取ってくれたので勇気を持って、マウンドに立つことができました。守備のいいプレーで勇気づけられました。最後まで味方に頼っていこうと思いました」と大きな援護を受け、最後までマウンドを守り切った。

 広島は8-0で快勝し、野村はこれで3勝目をマーク。「すごく、この2試合いい形なので、この調子でいければいいと思います。本当にいつも、温かい声援ありがとうございます。力をもらっています」と真っ赤なスタンドに野村は感謝した。広島はこれで貯金3。ヤクルトは3連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中