野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島ドラ1岡田、2度目の先発も制球難で自滅…プロ最短KOに

広島ドラ1岡田、2度目の先発も制球難で自滅…プロ最短KOに

広島のドラフト1位・岡田明丈投手が28日のヤクルト戦(神宮)で2度目の先発。制球難で自滅した。

full-count11

1回もたず2安打4四球6失点

 広島のドラフト1位・岡田明丈投手が28日のヤクルト戦(神宮)で2度目の先発。制球難で自滅した。

 2点先制した直後の初回、いきなり3者連続四球で無死満塁のピンチを招いた。バレンティンは空振り三振に仕留めたが、雄平の左前2点打で同点。続く今浪を再び四球で歩かせ、大引には右翼線2点二塁打。ここで2番手・九里が救援した。

 結局、打者7人で4四球、2安打6失点でプロ最短0回1/3でKO。プロ初登板初先発となった1日の巨人戦(マツダスタジアム)は6回2/3を投げ3失点(自責2)。勝敗は付かなかったが、最速151キロの直球を軸に好投しただけに、期待を裏切る投球となった。

 初回に菊池、新井のタイムリーで幸先良く2点を先取していた。それだけに、ベンチの緒方監督は渋い表情だった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

座ってできる体幹トレーニング コアトレチェア

人気記事ランキング