野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 日ハム栗山監督、初勝利目指す大谷に“お願い” 「自分のことを捨てて…」

日ハム栗山監督、初勝利目指す大谷に“お願い” 「自分のことを捨てて…」

日本ハムの栗山英樹監督が、1日のロッテ戦(QVCマリン)で先発する大谷翔平投手へ「フォア・ザ・チーム」の投球を強く求めた。

20160427_kuriyama

開幕から5試合勝ちなしのエース、「翔平も苦しいかもしれないが」

 日本ハムの栗山英樹監督が、1日のロッテ戦(QVCマリン)で先発する大谷翔平投手へ「フォア・ザ・チーム」の投球を強く求めた。

 ここまで大谷は開幕から5試合勝ちなし。防御率2.27と安定しているが、打線の援護点の少なさや救援陣の乱調などで勝ち星なしの状態が続いている。

 チームは借金を完済して4月29日からロッテ3連戦(QVCマリン)に乗り込んだが、2連敗。連敗ストッパーの期待もかかる剛腕へ向け、栗山監督は4月30日の試合後に“お願い”をした。

「翔平も苦しいかもしれないが、やっぱり自分のことを捨てて、チームを何とかするんだという思いで投げて欲しい。こういうチーム状況の時ほど…。ただ、それだけ」

 登板当日の先発投手には、あいさつもしないという栗山監督。ただ、30日の采配で十分メッセージを送ったつもりだ。4点を追う8回2死一塁で代打で使った近藤を、8回守備から2年ぶりに三塁で起用。春季キャンプ中でも近藤の三塁守備練習は見られなかった。敗色濃厚とはいえ、超攻撃的なタクトだった。

人気記事ランキング