野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム吉川が背信投球 毎回失点の乱調、4回途中6安打4失点で降板

日ハム吉川が背信投球 毎回失点の乱調、4回途中6安打4失点で降板

日本ハムの吉川光夫投手が4日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先発したが、背信の投球となった。

full-count18

ソフトバンク戦先発も…屈辱のマウンドに

 日本ハムの吉川光夫投手が4日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先発したが、背信の投球となった。

 初回2死二塁で内川の先制2ランを被弾。あっさり先制を許すと、2回は1死二、三塁から本多の内野ゴロの間に1点。3回1死二塁では内川に中前適時打を浴び、陽岱鋼、中田のアベック弾で1点差に迫った直後の4回には先頭・中村には右越えソロを許した。

 毎回失点する乱調で、3回1/3で2奪三振2四球、6安打4失点。守護神・増井が2軍調整となり、1イニングでも長く投げたいところだったが、屈辱のマウンドとなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング