野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA梶谷がホームスチール成功 一旦はアウトも、ビデオ判定で覆る

DeNAの梶谷隆幸外野手が5日のヤクルト戦でホームスチールに成功した。

DeNA

ピッチャー石川の一塁牽制の間に本塁狙いセーフに

 DeNAの梶谷隆幸外野手が5日のヤクルト戦でホームスチールに成功した。

 初回、1死三塁の好機で打席に立った梶谷は、ニゴロに倒れるも、セカンド山田のフィルダースチョイスで三塁走者・関根が生還。一塁に残った梶谷は、ロペスのヒットで二塁に進むと、宮崎の打席で2球目に三盗に成功。そして、8球目の前にヤクルトの先発・石川が一塁に牽制球を投げると、三塁から本盗を狙った。

 一塁の田中はバックホーム。クロスプレーとなり、判定はアウトとなった。しかし、タイミングはセーフにも見え、中村の左足が本塁を塞ぐ形にもなっていたことから、その後、審判がビデオ判定。結局、セーフとへ覆り、ホームスチール成功となった。

 プロ野球では、今季から本塁での激しい衝突を防ぐため、捕手のブロックと走者のタックルを禁止するコリジョンルールが導入されている。ビデオ判定後、審判から場内に判定がセーフになったことを伝えるアナウンスがあったが、コリジョンルールが適用されたかは説明がなかった。DeNAは2-0とリードを広げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中