野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ大嶺祐、またも背信投球 「本人にはラストチャンスと言ってある」

ロッテ大嶺祐、またも背信投球 「本人にはラストチャンスと言ってある」

ロッテの大嶺祐太投手が先発ローテを外れる可能性が高まった。

千葉ロッテ

2回3失点でノックアウト、「悔しいというか情けない」

 ロッテの大嶺祐太投手が先発ローテを外れる可能性が高まった。8日のオリックス戦後、伊東監督は「皆さんの想像に任せます。本人にはラストチャンスと言ってある」と言葉少なだった。

 三たびの背信投球。試合前、伊東監督は「腕の振りの強さが、昨年とは全然違う」と語っていたが、この日も初回先頭の西野に足元を抜かれ、その後、モレルの左犠飛と重盗で2点を失うと、2回にも西野に切れのないカーブを左前に運ばれ序盤で3失点。4月16日の日本ハム戦で6回5失点(自責3)、前回1日の日本ハム戦も2回1死もとれず5失点でノックアウトされていた。

 我慢は限界と、伊東監督は3回から南にスイッチした。「悔しいというか情けない。前回あのような結果で、もう一度チャンスを頂いたのに。チームに申し訳ない気持ちだけ」とうなだれた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング