野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 3敗目の前田健太、3回の4失点を反省「点の取られ方が悪い」

3敗目の前田健太、3回の4失点を反省「点の取られ方が悪い」

ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)、本拠地で行われた交流戦エンゼルス戦に先発し、自身メジャー最短の4回KOで3敗目(3勝)を喫した。

20160427_maeda

上々の立ち上がりも3回に崩れる

 ドジャースの前田健太投手が16日(日本時間17日)、本拠地で行われた交流戦エンゼルス戦に先発し、自身メジャー最短の4回KOで3敗目(3勝)を喫した。この日は4回を投げて5安打5奪三振2四球4失点(自責4)。防御率は2.87となった。6-7で競り負けたチームはこれで2連敗。4月23日のロッキーズ戦以来、勝ち星から遠ざかっている前田は試合後、「点の取られ方が悪い」と反省した。

 この日は初回先頭のエスコバルから6者連続で凡退に打ち取り、上々の立ち上がりを見せた右腕。2回裏には自ら左前適時打を放つなど2点のリードを得た。

 しかし下位打線から始まる3回につかまる。先頭の7番ペレスに二塁打を浴びると、1死二塁から9番ペティートにツーシームをレフト前適時打とされて1失点。その後、左前打と四球で1死満塁のピンチを迎えると3番トラウト、4番プホルスに連続タイムリーを浴びてこの回一挙4点を奪われてしまう。

 4回は3奪三振を奪い、無失点で切り抜けたものの、その裏の攻撃で代打を送られて降板。わずか73球でマウンドを降りた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中