野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 勝敗分けた6回攻防 広島緒方監督、継投策ズバリ的中も本塁打に「びっくり」

勝敗分けた6回攻防 広島緒方監督、継投策ズバリ的中も本塁打に「びっくり」

首位を走る広島は25日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に9-3で勝利した。前半は1点を争う接戦となったが、6回の攻防が試合の行方を決めた。

20150910_ogata

巨人に2連勝をマークした首位・広島

 首位を走る広島は25日、マツダスタジアムで行われた巨人戦に9-3で勝利した。前半は1点を争う接戦となったが、6回の攻防が試合の行方を決めた。

 広島が1点リードで迎えた6回、まず巨人が1死からクルーズ、アンダーソンの連打でチャンスを作った。ここで緒方監督は、先発の野村を諦め、ヘーゲンズを投入。亀井を併殺打に打ち取り、ピンチをしのいだ。

 野村は最近2試合で、いずれも試合後半に集中打を浴び、勝ち星を逃していた。緒方監督は「野村は前回、前々回と交代の難しさを感じた。逆転されるのは嫌だったし、流れを止めたかった」と、早めの継投を決断した。ズバリと的中した継投に、指揮官が「ヘーゲンズは大きな仕事をしてくれた」と、助っ人右腕を称賛した。

人気記事ランキング