野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 7連敗中の巨人が打線組み換えで4番は長野 亀井が5番、脇谷が1番に

7連敗中の巨人が打線組み換えで4番は長野 亀井が5番、脇谷が1番に

29日に行われる巨人ー阪神のスターティングラインナップが発表になり、7連敗中の巨人は打線を組み替えてきた。

東京ドーム

クルーズは先発落ち、連敗脱出なるか

 29日に行われる巨人ー阪神のスターティングラインナップが発表になり、7連敗中の巨人は打線を組み替えてきた。

 今季、阪神先発のメッセンジャーに対して、打率3割6分4厘と高打率をマークしている長野が今季初めて4番に入った。前日途中出場で安打を放っている亀井が5番、脇谷が1番に起用された。クルーズはスタメンから外れた。

 巨人は打撃不振が深刻で、開幕から4番を努めていたギャレットが2軍降格するなど、打順を日々、変更しながら戦っている。2軍落ちした立岡やギャレットの代わりに昇格したアンダーソンもけがで離脱と苦しい。チームも5位に転落。最下位ヤクルトとは1ゲーム差となっている。新打順や2年目の岡本らが起爆材となり、連敗脱出したいところだ。

 両チームのスタメンは以下のとおり。

【阪神】
1(遊)鳥谷
2(左)板山
3(右)福留
4(一)ゴメス
5(捕)原口
6(三)ヘイグ
7(中)高山
8(二)大和
9(投)メッセンジャー

【巨人】
1(二)脇谷
2(中)重信
3(遊)坂本
4(右)長野
5(左)亀井
6(三)村田
7(一)岡本
8(捕)小林誠
9(投)高木

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング