野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

SB城所、パの灯を消しかねない超美技 直後に松田が決勝弾でロッテを3タテ

「カバーがいるからチャレンジするのは自分だった」、ロッテとは6ゲーム差に

「計算したプレーじゃない」と城所。センターの柳田がカバーにきており、「思い切って飛び込みやすいところに飛んできた。カバーがいるからチャレンジするのは自分だった」という。

 捕っていなければ、もちろん勝ち越し点。普通なら長打を防ぐ意味でラインに寄る守備体型をとるが、デスパイネは引っ張りが多く、右方向なら右中間に飛びやすい。「打者によって、守備位置のイメージはある」と城所。野球のレベルの高さを見せつけた。

 ソフトバンクは直後の9回に松田が決勝2ランを放ち、6-4で勝利して2位ロッテを敵地で3タテ。ゲーム差を「6」に広げた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」