野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム-ヤクルト戦の本塁クロスプレーでリプレー検証も…アウト判定覆らず

日ハム-ヤクルト戦の本塁クロスプレーでリプレー検証も…アウト判定覆らず

1日の日本ハム-ヤクルト戦(札幌ドーム)で本塁クロスプレーのリプレー検証が実施された。

full-count18

日ハム大野が走者にタッチする際に走路を塞ぐ形に

 1日の日本ハム-ヤクルト戦(札幌ドーム)で本塁クロスプレーのリプレー検証が実施された。

 問題のプレーはヤクルト攻撃中の初回1死三塁。山田の打球は遊撃・中島の正面へ飛び、三塁走者・坂口が本塁へ突入した。捕手・大野は中島の本塁送球を本塁ベース前でキャッチ。完全にアウトのタイミングだったが、坂口へタッチする際に三塁から本塁への走路をふさぐ形となってしまった。

 1度はアウトと判定されたが、その後、審判団は話し合い。その後、ビデオ検証が行われた。約1分後、責任の森審判は「判定通り試合を再開します」と場内へ説明。判定が覆ることはなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング