野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神藤浪、右手に打球直撃で降板 4回に清田のライナーが当たる

阪神藤浪、右手に打球直撃で降板 4回に清田のライナーが当たる

阪神の藤浪晋太郎投手が9日のロッテ戦に先発し、右手に打球が直撃するアクシデントで降板した。

full-count18

胸付近への打球に咄嗟に右手を出す

 阪神の藤浪晋太郎投手が9日のロッテ戦に先発し、右手に打球が直撃するアクシデントで降板した。

 3回まで7安打4失点という苦しいピッチング。2点ビハインドで迎えた4回、先頭・鈴木にレフト前ヒットを許すと、続く清田に2球目の直球を捉えられた。強烈なピッチャーライナーが右胸付近に飛び、咄嗟に出した右手に直撃。ボールは一塁方向へ転がり一ゴロとなったが、藤浪はそのまま降板となった。

 緊急登板となった榎田が後続を断ち、藤浪は3回1/3を8安打4失点(自責3)で降板。もし今季4勝2敗の右腕が離脱となれば、阪神にとってはあまりに痛い事態となる。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング