野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

守護神休養も岩嵜が好救援 SB工藤監督「腕を振りさえすれば抑えられる」

工藤公康監督は、連投中だった守護神サファテについて「去年に比べてイニングも多いし、休ませる時間も作ってあげたい」と、セーブがつくシチュエーションでも登板させるつもりはなかったという。

DeNAを3タテ、連投のサファテには「休ませる時間も作ってあげたい」

 9日、ソフトバンクは4-2でDeNAに勝利し、このカードを3勝0敗で終えた。先発の中田賢一が5回1失点で2勝目。初回に先制を許すも、柳田悠岐の同点打、内川聖一の犠飛ですぐに逆転。その後、柳田と松田宣浩が揃って2試合連続弾を放つなど、終始優位に試合を進めた。

 9回はスアレスが無失点で抑え、来日初セーブを記録。工藤公康監督は、連投中だった守護神サファテについて「去年に比べてイニングも多いし、休ませる時間も作ってあげたい」と、セーブがつくシチュエーションでも登板させるつもりはなかったという。

 7回の同点のピンチを救い、続く8回も三者凡退に抑えた岩嵜翔が、そんな“守護神休養プラン”をしっかりと手助け。工藤監督は「岩嵜くんは、ボールも走っていたし勢いもあった。腕を振りさえすれば、彼の球威があれば抑えられる」と話した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中