野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ヤクルト雄平、援護弾→痛恨ファンブル→決勝の生還 10回は「何とか塁に」

ヤクルト雄平、援護弾→痛恨ファンブル→決勝の生還 10回は「何とか塁に」

ヒーローとあわや“戦犯”を行ったり来たり。ヤクルト雄平が両方の気分を味わった。

full-count11

延長10回は中村のスクイズで生還、「全力で走りました」

 ヒーローとあわや“戦犯”を行ったり来たり。ヤクルト雄平が両方の気分を味わった。

 10日のロッテ戦。1点リードの4回に「追い込まれていたが、スライダーにうまく反応できた」と涌井から貴重なチーム5点目の5号ソロ。先発・小川に41日ぶりの勝ち星をプレゼントするべく、大きな援護弾を放った。

 3点差で9回のマウンドは守護神のオンドルセク。ところが、先頭角中を歩かせて、その後、細谷のタイムリーで2点差に。満塁から田村に右前打を浴びると、雄平は本塁送球を焦ったのかチャージして頭上を越され「守備で課題が残った」とファンブル。ロッテに2点が入り、延長にもつれこんだ。

 サヨナラ負けとなれば、“戦犯”となりかねなかったが、10回1死から左前打で出塁。西野の暴投で三塁に進むと、中村のスクイズで決勝のホームを踏み、7-6の勝利へと導いた。雄平は「何とか塁に出ようと思った。(スクイズには)全力で走りました」と胸をなでおろしていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング