広島ドラ1岡田、遠いプロ初白星 7戦中5戦でQSも…打線の平均得点は2.7

チームの1試合平均得点はリーグトップの4.7も…

4月1日、巨人戦(マツダ) 6回2/3を3失点
4月28日、ヤクルト戦(神宮) 1/3回を6失点
5月14日、中日戦(ナゴヤD) 6回を2失点
5月21日、阪神戦(甲子園) 6回を1失点
5月28日、DeNA戦(横浜) 6回を2失点
6月4日、ソフトバンク戦(マツダ) 5回を1失点

 4月28日のヤクルト戦以外ではきっちりと試合を作っているが、結果は0勝2敗。とにかく打線の援護に援護に恵まれない。

 岡田が投げた試合の平均得点は2.7点。チームの1試合平均得点はリーグトップの4.7点だから、援護が2点少ない計算になる。また、6月4日のソフトバンク戦は5回1失点だったが、降雨コールドゲームで引き分け。天候にまで見放されている。

 それでも岡田は前を向く。以前には「勝てないのは気にしていない。いい投球をしていればいつかは勝てると思っています」とコメントしていた。報われる日を信じて、腕を振り続ける。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY