野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

前田健太、打球が右脚直撃で6回途中降板

今季6勝目を目指すドジャース前田健太投手は、14日(日本時間15日)敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発したが、6回に打球が右脚を直撃するアクシデントに見舞われ、緊急降板した。6回途中を3失点の内容で、勝利投手の権利を持ってマウンドを下りた。

20160615_maeda

相手主砲の弾丸ライナーが直撃も、6回途中3失点&6勝目の権利もって降板

 今季6勝目を目指すドジャース前田健太投手は、14日(日本時間15日)敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発したが、6回に打球が右脚を直撃するアクシデントに見舞われ、緊急降板した。6回途中を3失点の内容で、勝利投手の権利を持ってマウンドを下りた。

 シーソーゲームとなったこの日。味方が2点の勝ち越しに成功した直後の6回、マウンドに戻った前田は、ダイヤモンドバックス主砲ゴールドシュミットと対峙した。カウント1-2からの4球目スライダーを振り抜いたゴールドシュミットの打球は、鋭い弾丸ライナーとなって前田の右ヒザ下を直撃。一塁に送球した直後、マウンド上で崩れ落ちた前田は自力で立ち上がることができず。しばらく頭を抱え込むようにして悶絶した後、トレーナーとコーチに抱えられてダグアウトへ戻った。ベンチに座った前田は、天を仰ぎながら苦しそうな表情。現地テレビ中継によれば、打球が当たったのは右ヒザのすぐ下の辺りだという。

 前田は5回1/3を投げて6安打6奪三振1四球で3失点(自責2)、防御率は2.75。84球を投げて59ストライクだった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング