野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • しぶとく戦い続けるロッテ、交流戦逆転優勝へ

しぶとく戦い続けるロッテ、交流戦逆転優勝へ

交流戦の頂点を争うのは、パ・リーグの上位2チームとなった。福岡ソフトバンクが18日、阪神に勝利して12勝4敗1分とし、交流戦優勝に王手。

201160517_ito

交流戦首位ソフトバンクに0.5差、7連勝で逆転迫る

 交流戦の頂点を争うのは、パ・リーグの上位2チームとなった。福岡ソフトバンクが18日、阪神に勝利して12勝4敗1分とし、交流戦優勝に王手。だがそれを0.5ゲーム差で追う千葉ロッテの勢いも止まらない。交流戦最後のカード、巨人戦に2連勝して勝ち越しを決め、11日の東京ヤクルト戦以降、7連勝とした。

 同点の5回2死二、三塁、角中選手が右中間席へ2試合連続の本塁打となる4号3ラン。「三塁にジェイソン(スタンリッジ)がいたので、何とか打って(6回の投球まで)休む時間を与えてあげようと思っていた」と、うなずいた一撃。相手先発の小山投手も呆然の表情。その直前、代打の井口選手をフォークで空振り三振に仕留めたのは巨人にとって大きかったが、2死になっても、パ・リーグ打率トップを独走する男の勝負強さは圧巻だった。3回2死2塁、中堅へ適時打を放ち、この日は計4打点。この場面、低めの難しい球をはじき返す技ありの一打だったが「あれが一番簡単なんで」と平然と語ってファンを笑わせた。打率は.348。2012年のリーグ首位打者が、ヒットを量産中だ。

人気記事ランキング