野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「かわいくて応援したくなる」!? 話題の西武・台湾人通訳に直撃

4月24日、西武プリンスドームで「台湾デー」が開催された。その日の試合前、台湾と日本のプロ野球の違いについて郭俊麟投手、C.C.リー投手に話を聞いた時、通訳をしてくれたのがライオンズで台湾人選手の通訳を務める台湾台中出身の袁嘉迪さんだ。

201606XX_en

台湾人3選手の通訳を務める台湾出身・袁嘉迪氏

 4月24日、西武プリンスドームで「台湾デー」が開催された。その日の試合前、台湾と日本のプロ野球の違いについて郭俊麟投手、C.C.リー投手に話を聞いた時、通訳をしてくれたのがライオンズで台湾人選手の通訳を務める台湾台中出身の袁嘉迪さんだ。

 親しみやすい人柄がとても印象的で、和やかな雰囲気で取材をすることができた。そんな袁さんの人柄は、郭俊麟投手のヒーローインタビューの際にファンにも伝わったようで、ネット上で「かわいくて応援したくなる」と話題になった。しかし「西武ライオンズの通訳さん」というだけで、その名前もあまり知られていない。そこで、袁さんに日本語に興味を持った理由や、ライオンズの通訳になったきっかけをなど話を聞いた。

――いつからライオンズの通訳を務めているのでしょうか?

「2015年からです。郭俊麟投手の担当でライオンズに来ました」

――台湾ではどんな仕事をしていたのですか?

「2004年に台湾のプロ野球チームで広報の仕事を始めました。2006年に英語の通訳になり、チームでは広報兼通訳として働いていました」

――ライオンズ通訳になったきっかけは?

「台湾で知人にオファーをいただきました」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中