野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 西武金子侑、“新背番号”で躍動 ユニホーム忘れるも…2点打含むマルチ安打

西武金子侑、“新背番号”で躍動 ユニホーム忘れるも…2点打含むマルチ安打

西武の金子侑司内野手が27日、“新背番号”で奮闘した。

西武ライオンズ

背番号2のユニホーム忘れ、荒川ブルペン捕手の背番号93を借りて出場

 西武の金子侑司内野手が27日、“新背番号”で奮闘した。

 日本ハム戦(札幌ドーム)で「2番・三塁」でスタメン出場。プロ1年目の13年から付ける背番号2のユニホームを忘れ、荒川ブルペン捕手の背番号93を借りて出場した。

 少し大きめのユニホーム。初回1死の左前安打でメヒアの先制3ランを呼び込むと、2点リードの6回2死一、三塁では左腕・加藤の内角いっぱいの直球を左翼線2点二塁打とした。

 2試合ぶりのマルチ安打。ここ6試合で4度目の複数安打だ。ユニホームが変わっても、好調なバットは変わらなかった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング