野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 元捕手の敵将が絶賛したイチローの野球IQ 「頭の中に情報がギッシリ」

元捕手の敵将が絶賛したイチローの野球IQ 「頭の中に情報がギッシリ」

29日(日本時間30日)敵地でのタイガース戦に「1番・DH」で先発し、今季16度目のマルチ安打となる2安打を放ったマーリンズのイチロー外野手。これでメジャー通算2988安打となり、3000安打まで残り「12」となった。

球宴捕手のオースマス監督が42歳活躍の理由を指摘「体より頭を使っている」

 29日(日本時間30日)敵地でのタイガース戦に「1番・DH」で先発し、今季16度目のマルチ安打となる2安打を放ったマーリンズのイチロー外野手。これでメジャー通算2988安打となり、3000安打まで残り「12」となった。

 マーリンズが遠征で訪れる先々で話題になるのが、やはり42歳という年齢ながら、着実に金字塔に近づいているイチローのことだ。タイガースの地元デトロイトも例外ではない。地元紙「デトロイト・ニュース」電子版では、メジャー歴18年を誇る元捕手のブラッド・オースマス監督と、現在の正捕手ジェームス・マキャンに「イチローとローズは、どちらが安打王?」という興味深い質問をぶつけている。

 タイガースを率いて3年目のオースマス監督は、2010年に引退したばかりの46歳。対戦相手としてプレーしたこともある。記事によれば「彼が安打王か否かは、私が決めるべきことではない」と、先の質問に明確には答えなかったが、イチローがメジャー移籍した2001年を指しながら「アメリカで球場に足を踏み入れた初日から、いきなりメジャーで最高の選手の仲間入りをした」と、当時の衝撃を振り返ったそうだ。

 さらに、41歳まで現役を続けたオースマス監督は「彼に追い抜かれたよ」と笑いながら、40歳を超えてもなお高いレベルでプレーし続ける秘訣を明かしたそうだ。その秘訣とは「身体能力よりも頭脳を使うこと」だという。若き敵将は、イチローが持つ高い野球IQを絶賛。「あの頭の中には、アドバンテージとして使える情報がギッシリ詰まっている。なにしろ経験値が高いから」と、元捕手をうならせた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中