野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ、最下位オリックスに悪夢の逆転負け 伊東監督「疲れも若干見える」

ロッテ、最下位オリックスに悪夢の逆転負け 伊東監督「疲れも若干見える」

ロッテがもったいない試合を落として3位に転落した。

ロッテ

5回までに3点のリードを奪うも…「相手に合わせているような感じ」

 ロッテがもったいない試合を落として3位に転落した。

 3日の本拠地QVCマリンでのオリックス戦。4回に好調の女房役・田村が「ジェイソン(スタンリッジ)が頑張ってくれていたので、何とか援護したかった」と先発ディクソンから中越え2点タイムリーで先制。5回には「いい状況で自分に回ってくると想定して準備はしていた」とデスパイネも外角スライダーを狙い打っての適時打で序盤に3点のリードを奪った。

 しかし、5回まで4三振を奪うなどオリックス打線を寄せ付けなかったスタンリッジが、6回に突然崩れて2失点。先頭の安達を歩かせたのがつまずきの始まりだった。

「ひとつの四球でリズムが崩れた。大谷も冷静に投げれば抑えられるのに、球をそろえすぎた」と伊東監督。7回に登板した大谷も、安達、糸井に連打を許し同点とされると、この日1軍初出場の園部に決勝タイムリーを浴びて、前日に借金が20まで膨れ上がっていた相手に本拠地での悪夢の逆転負けとなった。

 伊東監督は「相手に合わせているような感じで、疲れも若干見える。次の6連戦で立て直したい」と前を向いていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング